不動産を高く売るための条件とは?

シェアする

不動産を高く売るための条件とは?_アイキャッチ

不動産を売るためには、専門的な知識が必要になります。きちんと調べれば売却活動から契約まで全て一人で行うことも可能ですが、あまり現実的では無いといえるでしょう。
そこで重要になるのが不動産会社選びです。
不動産のプロである不動産会社ですが、不動産の相場は相対的なものであり、どこを評価するかによっても、差が生じてきます。
高く売るためにはまず、不動産会社選びを重点的に行いましょう。

不動産会社の条件

不動産会社を選ぶためにはいくつかの方法がありますが、もっとも一般的な方法として知られているのが一括見積もり(一括査定)を以来することです。

一括査定をしてみよう

沢山ある不動産会社から選ぶには、何か一つ指標となるものがなければ、選びにくいものです。そこで、一括査定を利用して見ましょう。
売却したい土地や建物の情報を元に、複数の不動産会社から見積もりをとり、そこで一番高い査定額を出した不動産会社から順に、どのような会社か調べてみれば、手間も時間もかかりません。
ただ、一社だけ他の不動産会社よりも高い価格で見積もりを出してきたら注意してください。
高い査定で出してくる業者は、自分のところを選んで契約して欲しい為に高い査定価格を出しているだけかもしれません。そのため、高い査定を出している根拠をしっかりと聞き、判断することが重要となります。

契約するまえに必ず確認すること

一括査定で幾つかの業者に絞ることができたら、次はその業者のことについてよく調べてみましょう。宅地見物取引業の免許を持っていることは大前提です。その他に、宅地見物取引業者名簿によって、免許を取得した年月日を確認することができます。歴史が長ければイコール良い不動産会社とは一概にいえませんが、これも一つの情報として知っておくと良いでしょう。

売却活動について

不動産売却をお願いするのに、どのような活動を行っているかは重要です。
ただ店頭にチラシを載せているだけでは、露出が少なく、購買意欲をもった人に情報が伝わりません。
以下に一般的な販売活動を紹介いたします。

  • 不動産会社の運営サイトへの掲載
  • 登録者へのメール配信
  • 登録者への紹介
  • 新聞、折込チラシでの露出
  • レインズへの登録
  • ポータルサイト、アプリへの掲載

ここで注目したいのが、不動産会社が運営しているサイトへの掲載内容や、ポータルサイト、アプリへの掲載内容についてです。
現在掲載されているものがコピペの内容ばかりで、間違えが多い不動産会社は論外と言えます。
きちんとその物件の良し悪しを紹介しているような不動産会社であれば、売却活動を安心して任せることができます。

契約について

不動産売却には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」といった3種類の契約があります。
一般媒介契約は一番自由度が高く、複数業者に同時に仲介を申し込むことができて、一番いい条件の販売先を持ってきた不動産会社と契約を結ぶことが可能です。

しかし不動産会社からすれば、自分の所ではなく別の不動産会社と契約してしまう可能性の高い顧客となります。
そのため、「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」を結んでいる人ほどは、不動産会社は積極的に売却活動は行ってもらえないでしょう。

不動産の条件

不動産を売るために活動してくれる不動産会社をしっかりと選ぶ事はとても重要です。
しかし、肝心の物件の価値が低いと判断されてしまえば、高く売却することはできません。
ここからは、高く売れる不動産の条件をご紹介いたします。

大前提として

高く売れる不動産とはつまり、それだけ需要があるということです。では、需要の高い物件の特徴とはどのようなものなのでしょうか。

  • アクセス…その土地で生活するわけですから、アクセスはとても重要です。駅から近いことはもちろんですが、移動のメインが車という方であれば、大きい道路に面しているなどのポイントも魅力になるでしょう。
  • 利便性…近くに大型のスーパーがあることや、徒歩圏内にコンビニがある物件であれば、魅力が高いことは一目瞭然でしょう。その他にも、小さなお子さんの居らっしゃる方にとっては、公園や遊歩道があることも、ポイントの一つです。
  • 不動産状況…南側に面していることや築年数が浅いもの。外観が綺麗なものは物件を見に来た人にとってとても好印象になります。

少しでも魅力的に見せるために

大前提として紹介したものは、周りの環境に関係しているものが多く、不動産売却する際においそれと変更できるものではありません。
では、どれにも当てはまらなかったら高く売れないかと言えば、そんなことはありません。

例えば、物件を見に来てくれた人に対して好印象を持ってもらう為に、部屋を綺麗にすることはもちろん、家の外観もしっかり掃除しましょう。
特にバスルームやトイレといった毎日使う場所は、より清潔にしておくべきです。

更に家の状態を良くするには、一部改修やリフォームも考えられます。
しかし売却前の家にどれだけお金を使えるかは人それぞれですし、改修やリフォームに必要となった資金以上の金額で売れないと意味がありません。
改修やリフォームで悩んでいるのであれば、不動産会社に相談してみると良いでしょう。

悪いところがあったら必ず伝える

ここまで魅力的に見せるための手段をお伝えしましたが、もちろん物件によってはマイナスイメージとなってしまう事もあるでしょう。
しかし、それを隠して販売してしまった場合、後に裁判、最終的に全額保証といった事が考えられます。
欠点は欠点としてしっかり伝え、互いの認識に齟齬が無いようにすることも、損をしないためには必要なこととなります。

販売時期の条件

不動産販売には一般的に繁忙期というものは存在しないと言われています。
しかし、春の新生活の時期やボーナスの時期といったタイミングで、需要が高まるという考えもあります。

需要期を待つべき?

不動産販売の為に、ボーナス時期などを待ったほうが良いかというと、それは得策ではないと言えます。
確かに需要期と言われている時期を待てば多くの人の目にとまるかもしれませんが、不動産は基本的に年月が経つほど価値が下がっていきます。
土地自体の値段が上がることは考えられ、例えば大きなイベントが行われたり、近くに駅ができたりといった事で周辺環境が替わった場合、土地を高く売却することができるかもしれません。
しかし、そのような予定が無ければ、早い段階で売却したほうが懸命です。

決断時期を逃さずに

不動産は、売却活動後3ヶ月が勝負と言われています。3ヶ月以上たっても売れない物件は、購入者から見た場合、何らかの原因で売れ残っていると考えられてしまい、マイナスイメージとなってしまいます。
少しでも好条件で売りたいと欲張っていると、購入希望者が減ってしまい、どんどん条件が悪くなってしまう事も考えられますので、売却の判断は慎重かつスピーディーに行いましょう。

おわりに

不動産を高く売るための条件として「不動産会社の条件」「不動産の条件」「販売時期の条件」の3つをご紹介いたしました。
販売活動に力を入れてくれる不動産会社を見つけ、内覧者に気持よく物件を見てもらえるように隅々まで掃除、そしてできるだけ早い段階で売却するのが、高く売るための条件でしょう。
これで極端に高く売れるようになるというわけではありませんが、少なくとも何もしないよりはより高い価値で不動産売却を行うことができますので、3つのポイントを抑えて不動産の売却を行うよう心がけてみて下さい。