不動産売却の基本的な流れ

シェアする

不動産売却の基本的な流れ

不動産売却までの流れ

不動産の売却は人生の中でそう何度もあることではありません。
そのため、いざ売却する段階になって慌てる方も多いはず。
中には「そもそも不動産売却って何をするの?」と疑問の方も居るでしょう。

このページでは不動産売却の一般的な流れをご紹介いたします。

1.不動産売却!その前に…

不動産を売却する前に、「なぜ」不動産売却をしなければならないのか「希望」の不動産売却はどのようなものか、一度考えてみましょう。

不動産売却の理由は人それぞれです。

  • ライフスタイルの変化による売却
  • 相続のための売却
  • ローン返却計画の立て直し
  • 不要な不動産の処分
  • 営利目的

そして、その理由によって希望する売却の形も変わります。

  • 売却完了までの期日は問わず、ゆっくりと売却したい
  • 複数社に査定してもらい、幅広い売却活動を行いたい
  • 信頼できる一社にお願いして、相続やローンなど様々な相談をしっかり行いたい
  • 買い替えを必要とするため、売却期間を定めたい

「なぜ」と「希望」が明確になれば、どのような不動産会社を選べば良いのか、より解りやすくなります。

2.不動産仲介会社の選び方

希望する売却の形が分かったところで、不動産仲介会社を探しましょう。
どの不動産会社に仲介を依頼するかによって今後の不動産売却が大きく変わるので、しっかりとした見極めが必要となります。
まずは査定を依頼し、価格や不動産会社の対応を見てみると良いでしょう。

  • 査定価格…なんといっても、売却するための価格は重要です。もちろん高いほうが良いですが、あまりにも他社と違う価格であれば一考するべきです。
  • 不動産会社の店舗がある場所。…売却したい不動産が店舗から離れているようでは、いちいち不動産会社に赴くのは大変です。そもそも、対象地域外であれば依頼することができません。
  • 保証やサービス内容…不動産会社が独自に行なっている保証やサービスがあります。設備保証や買取保証、期間限定で行っているキャンペーンなども参考にしましょう。
  • どのような相談ができるか…相続した不動産を売却するのであれば、相続に関しての相談も一緒に行いたいものです。どのような相談をしたいのか、その相談にしているかあらかじめ確認しましょう。
  • 売却活動…レインズへの登録はもちろん、どのような売却活動を行っているのかも重要です。近年ではネットが発達しているのでネットワークでの情報の露出が一般的になっていますが、その他にもオープンハウスや折込チラシなど、地域密着型の売却活動を行っているかも確認しましょう。

3.不動産会社との媒介契約

売却をお願いする不動産会社を決めたら、媒介契約を結びます。
媒介契約は、その不動産に売却をお願いするためのサービスや手数料などを明確にする書類です。
しっかり読み込み、その書類に不備がないか、自分の希望をそぐわない内容になっていないかを確認する必要があります。
また、媒介契約には3種類あり、それぞれに特徴があります。

  • 専属専任媒介契約…1社のみとの契約を行う契約方法です。他の不動産会社へ依頼することができません。
  • 専任媒介契約…専属専任媒介契約と似たような契約ですが、こちらは自分で買主を見つけて取引を行うことができます。
  • 一般媒介契約…複数の不動産会社との契約が可能。ただし、レインズへの登録義務や週次の売却活動の報告義務などを不動産会社は負いません。

4.販売活動開始

媒介契約が完了すると、そこから売却活動が開始されます。
不動産会社によって活動内容は異なりますが、一般的にはインターネットや住宅情報誌、店頭での掲載、店舗の情報網を活用した売却活動を行います。

5.売買契約

買主様が見つかり次第、売買契約を締結します。
販売金額や支払いの諸条件、受渡日などの取引についての条件をしっかりと確認して取り決めましょう。

6.販売成功!

売買契約を基にして、引き渡し期日に不動産を引き渡す事によって販売が完了いたします。

最後に

不動産売却の一般的な流れをご紹介いたしましたが、この他にも不動産会社が独自に行なっている買取保証や買取サービスと言った、売却活動を行わずに不動産会社が直接買い取るという方法もあります。
どの売却方法が自分にとってベストなのか、しっかりと相談のできる不動産仲介会社を探しましょう。